こっしのつぶやき。 gabriel14.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

NO PYRO NO LIFE


by kossy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:RYU( 27 )



23日に亀戸サンストリートで行われた
河村隆一様(笑)のイベントに行って来ました。

会場が地元ということもあり、
「え?あそこに来て歌っちゃうの??」的な驚きもありつつ、
行ってみようかな~と思いまして。

アルバム「Life」のリリースイベントとのことで、
ミニライブ(無料)と
CD購入者対象の握手会がありました。

杉ちゃんとINOの提供曲も聴いてみたかったので
CDも買おうと思っていたし、
それで握手出来ちゃうなんて一石二鳥。
…というか、
こんな機会めったにないので逃す手はないぞと。

会場は「ほんとにここに?」的な
小じんまりしたイベント広場のステージなのですが、
私が現地に到着した時は、
すでに熱心なRYUフレのみなさまが
寒空の中、ベンチ席を陣取っていらっしゃいました。
d0004899_15432488.jpg
ベンチ席のみ着席であとは立ち見。
無料なのでどこから見ても聴いてもOK。
ショッピングモールの2階が回廊になってるので、
そこから見てる人もいましたよ。

大通りに面してるので
外にも絶対音は聴こえるはず…。
RYUの声が響き渡るのか…凄すぎる…。 ←すでに想像萌死

早速CDを買って握手券をげっとん。
d0004899_15435793.jpg

ライブの立ち位置は
RYUスレの友人がベストポジをキープしてくれたので、
ばっちりでした。
ありがとーん。

開始時間ギリに隆一様が到着。
寒そうにポクポク歩いてやって来ます。
ちいさーーーっ!ほそっ!かわゆーー!

グレーの細身のウールコートに黒のマフラー
黒っぽい細身のパンツに、
テカテカの靴(ヒールかなり高め)。
手を振りながら穏やかな笑顔で登場。

きゃーーーー!
りうーーーーー! ←とりあえず手を振る

キーボードの葉山君と共にステージに登場。

この日はすこし曇りがちの空だったんだけど
時折日差しが覗く感じで。
自分は晴れ男だけど、
葉山君はクモ男だと言ってました(笑)。

寒くて目から涙が出ると隆一様。
タオルで目を押さえちゃったりもして。
40歳過ぎたら涙が出やすくなったとのこと(爆)。
みんなはそうじゃない?と会場に聞いておられました。
40歳以上限定の質問かい!(爆)

「LUNASEAのIMAGEのPVを撮る時に、
まばたきしないで!と言われたんだけど目が乾いちゃって涙が出て、
いい演技だねぇと言われましたが、
いやいや…演技じゃないから…みたいな」

1曲目は「I love you」
なつかしすーーーー!
寒空に響き渡るあの声。
イイ声だぁああ~~~~。
好きーーー!

しかし…

鳩が多くて、
りうが歌ってる前を鳩がテクテク歩いていたり、
広場の中を走るちびっこ機関車の音がぽっぽっ聞こえたり、
場内アナウンスが聞こえたり、
ちょっと切なくもありました。

でも…
こんなに近くで見れて、
声が聴けるなんて嬉しくもあり、
私の中でもさまざまな感情が渦巻いておりました。

2曲目は「Love is...」
途中マイクをかなーーーり離したりしてましたが 
マイクなしでも十分響いちゃうね。
さすがー。

3曲目にやっと新しいアルバムの曲「七色」を。
これは葉山君作曲の曲だそうです。

寒いから
途中片手をポッケに入れながら歌ったり、
またすぐ出してみたり。
しぐさがいちいちツボりました。

歌い終わると手を振って一旦ステージ下のテント内に撤収(爆)。
その後、テーブルがセットされ、再び隆一様登場。
握手会が始まります。

あっという間に自分の順番が回って来て
気持ちの整理もつかないまま、
もう自分の順番がーーー。

き、きんちょーーーーー。

小走りで駆け寄るわたし。

握手しながら

私 「LUNASEAからずっとSLAVEですっ!」 ←かるく意味不明

無言の笑顔でうなずく ←今思えば若干引き気味だった(爆)

私 「来年ライブ楽しみにしてますのでがんばってくださいっ!」

り 「ありがとう~」 ←大人な反応(爆)

あっという間に終わってしまい、
いまひとつ記憶ぼんやりですが、
顔ちっさい…とか、
あ、小じわが…とか(笑)
目が茶色い…とか
かわむらりゅーいちだ!とか
思っていました(笑)。

ということで
一方的に
ずっと奴隷なんだよ~宣言してきました(爆) ←はぁ?

1回目のイベントは13:00開始だったのですが、
割とさくっと終了。
隆一様は私のすぐ横をポクポクと歩いてお通りになって
控室?かどこかに?消えて行かれました。

2回目は15:30からミニライブ開始でした。
隆一様再びポクポク登場。
マフラーだけグレーに色を替えていました。 ←なにゆえ

なんとなく髪が短くなってるような?
でも見間違えかっ?


隆一様、開口一番に、

「実は休憩時間に髪を切ってもらいまして…切ったと言っても5センチぐらい?」

すぐ伸びちゃうから…みたいな。

あ!やっぱり!まじか!!!

つーか、
イベント会場の控室?で、
休憩時間に突然髪の毛切っちゃうなんて
RYUって
やっぱなんか天然というか不思議というか
おもしろーーい。

2回目は1曲目が…

「ではバンドの曲ですが…I for You…」 ←この言い方がツボ

ぎゃーーーーーー!
まじですかーーーーー!

あなた、もう気持はバンドに向かってますね?そうですね?
…って感じで
わたしのテンションもあがる!(爆)

曲前になんとなくこっち側方面を見てくれたっぽい気が。
奴隷たちのために歌うよ的な(爆) ←完全に妄想です(爆)

アレンジは河村ソロ風(葉山っち演奏)ではありましたが
さっき奴隷宣言したばかりだし、
奴隷の心には沁み渡りました。

2曲目は「BEAT」
夏の歌だけど…みたいなこと言ってました。
確かに…なぜその選曲(笑)

3曲目は「七色」でした。

なんか…
地元民としては
亀戸サンストリートにはもったいないほどの声。

寒空にぴーーんと響き渡って
真冬の野外(笑)に合う声だなぁと
しみじみ思いました。


しかし…

寒かったーーーーー!


おしまい。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2013-12-27 13:11 | RYU | Comments(0)

ミュージカル 「嵐が丘」 の千秋楽公演を観て来ました。

http://www.tbs.co.jp/act/event/arashigaoka2011/

言わずと知れた、
エミリー・ブロンテ原作の小説ですが、
主役のヒースクリフをRYUが演じました。

ヒロイン・キャサリン役は平野綾さん、
 (Wキャストで、もう1人は安倍なつみさん)
エドガー役は山崎育三郎さん。

壮大なストーリーを、
約2時間のミュージカルにまとめるには、
ちょっとチープ過ぎる内容だった気がしました。
杜けあきさん演じる、
嵐が丘の使用人・ネリーが語り手として登場するので、
話的には、
誰が観てもわかる仕組みにはなっていましたけど。

芝居のタイプがまったく違うけれど、
ミュージカル作品としては、
「CHICAGO」の方が断然面白かったなぁ。
見せ方が上手なんだと思いました。

ヒロインの平野綾さんは、
声優さんということで、
声がアニメのヒロイン声なんですよ。
歌も芝居も上手だったのですが、
声がちょっとキンキンしてて、
それがちょっと気になりました。

じゃあ、安倍なつみさんだったら、
どうだったんだろう?って、
ちょっと思いましたね。
こっちのヒロインも観てみたかったな~。

RYUは、歌はもちろん上手だけど、
やっぱりお芝居はプロではないので、
その辺が、
他の役者さんたちに負けてしまってたような気がします。
山崎育三郎さん、荘田由紀さん、
みんな歌もお芝居も上手なんですよ。
でも、そんな中でも主役として、
がんばってたと思いますが…。

あとはねぇ、
ビジュ的に、
やっぱり、もう少しシャープじゃないとね。
苛められて育った青年時代を演じるのに、
シャープさと若さが足りなかったわー。 ←厳しい
(T∇T)フフフ
衣装もあかん。
最初の衣装なんて、
97年を思い出したわ。
あの時は若かったけど…。

9列目だったので、
よーく見えたのですが、
クライマックスで、
キャサリンとふたりで、
「この嵐が丘でぇ~♪」と歌い上げるシーンで、
RYUのつま先…
リズム刻んでるがな…(爆) ←歌う時のクセ(爆)
ウケました… 
こんな観客ですみません…

でも、
ちょっと、魂奪われそうになった瞬間があったけど…。
あの距離であれはヤバイわ。 ←何がじゃ
緊張して固まったわ…(爆) ←妄想ぷれい


そうそう…
余談ですが…

同じ列に、
藤原紀香さんがいらっしゃいました。
噂の彼氏と一緒に…。

あと、鳳蘭さんもいらしてましたよ。
 (娘さん=荘田由紀さん)


あ!そういえば…
初日にJさんからお花が届いていたそうで、
友人が写メしてくれたのですが、
キレイな花だったよ~
愛だな… ←は?(爆)
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2011-07-26 01:13 | RYU | Comments(0)

真剣勝負の男(爆)


RYUスレの友人からこんな情報が…

RYUがカールの新CMの歌を唄っているのですが…

ぜひ、メイキング映像を見てください。
いつも、いつでも全力投球の男ですなぁ(笑)

http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/#/ojisannoie/cmgallery/

カールおじさんに遭遇して喜んでるね(爆)

何度も入念にリハを…(爆)

最後は「サクサク食感のカールを…」とか、
告知まで真剣勝負!(爆)

しかし…
RYU、顔がふっくらしてるなぁ…
(T∇T)フフフ
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2011-02-12 17:16 | RYU | Comments(2)

CHICAGO。


赤坂ACTシアターで、
ミュージカル 「CHICAGO」 を観て来ました。

d0004899_1264158.jpg

友人たちとは別々にチケを取ったのにも関わらず、
なぜか偶然連番で隣り席だったので笑いました。

日本版「CHICAGO」は、
2008年以来の再演なのですが、
前回はヴェルマ役を和央ようかさんが演じました。
今回は、CHICAGOカンパニーのアムラ=フェイ・ライトさんが演じてます。

日本人のキャストの中に、
いきなりの外人さん投入で、
どうなるんだろう???と心配半分、楽しみ半分だったのですが、
アムラさんのいきなりの怪しげな日本語のセリフに、
「えーーっ!!?」って思ったんだけど(笑)、
観ている内に慣れて来て楽しめました。

楽曲もセリフも、
日本語と英語が混ざった脚本に変わっていて、
前回はオール日本語だった日本人キャストのセリフや歌にも、
英語が混じっていたので、
あまり違和感を感じることなく楽しめました。

アムラさんは、
たどたどしい日本語なんだけど、
なんていうか味があるというか、
ちゃんと気持ちが伝わってくるお芝居をしてて、
実力のある人なんだなぁと感じましたよ。
歌声は、本気出したらもっとすごいんだろうなーって感じ。
日本キャストに合わせてる様に感じました。
やはりシカゴカンパニーの一員だけあって、
余裕を感じられましたね。
でもロキシー役の米倉さんとの相性も良かったし、
全体的にバランスが取れてて良かったです。

米倉さんは、
前回よりもかなーりスキルアップしてましたよ。
前回よりも歌が上手になってたし。
着実に、ロキシー=米倉涼子になってきてますね。
努力してるんだろうなぁ。

で…RYUなんですけど、
これまたスキルアップしてて、
まぁ、この人は負けず嫌いで努力家だから予想はしてたけど(笑)、
セリフ回しが、前回と比べ物にならないぐらいよくなってました。

ビリーのセリフは、セリフ量も多いし、どうしても早口なんですよね。
前回は、前半は、セリフを言うだけでいっぱいいっぱいで、
句読点を感じられないしゃべりだったんだけど、
後半はめりはりがついてきたところで千秋楽だったので、
これは次回の課題だろうなーって思ってはいたんだけど、
今回は、ここを完璧にクリアしてましたね。
しかもセリフ回しに抑揚がついてて、さらにアップ!

前回も歌は安定してたけど、
今回はよりビリーらしさを意識してるのか、
少し低音を強調した感じの歌い方だったかな。
まぁ、歌はまったく心配してなかったけど、期待以上でした。

踊りは…まったくスキルアップしてなかった~~~(爆)
でも、そこが妙にツボったりして…(爆)

前回は、なにせドキドキして、
だいじょうぶかな?的母心で観てたので(笑)、
観てる私も緊張してたけど、
今回は、内容はもちろん、RYUの芝居の雰囲気もわかってるから、
最初から最後まで、安心して観ていられましたね。

「CHICAGO」は、楽曲もストーリーも大好きなので、
ほんと2時間半があっという間に過ぎてしまいますね。
たのしかったです。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2010-06-20 12:07 | RYU | Comments(0)

ふたたび。


ブロードウェイ版、
ミュージカル 「CHICAGO」 を観て来ました。
d0004899_052633.jpg

場所は日本版と一緒で、
赤坂ACTシアター。
千秋楽公演(13:00開演)でした。

去年、日本版の「CHICAGO」を観てから、
本場ブロードウェイ版はいったいどんなだろう?って興味はあったんだけどね。
チケ代高いし…とか思ってたんだけど(笑)、
TBSの特番見たら、もうめちゃ行きたくなって(笑)、
チケット購入してみました。

2階だったんだけど、
4列目のセンターだったので、
とても見やすかったです。

ロキシーとヴェルマは、
映画のキャラにちょっとイメージだぶるキャスティングだった。

やっぱりみなさん、
体つきが日本人とは違うので、
なんつーか、
ステージが派手に見えました(笑)。
迫力満点でした。

そして、やっぱり声の出し方がすごいです。
特にママ・モートン役の女優さんは、
ものっすごーーい貫禄と声だった。
圧倒されました。

ビリーはね、
日本版ではRYUが演じましたけど、
アメリカ版では、
バックストリート・ボーイズのケヴィンが演じてます。 ←よく知らんが…
背も高いし、 ←おい
体格も良くて、
悪徳弁護士役には合ってたけど、
歌は、RYUの方がうまいと思った。
腹話術のシーンも物足りなく思えたの。
RYUと米倉さんのコンビ、めちゃ良かったからね。

見比べてみて、
日本版もかなーーり良いと思ったよ~。
米倉さんも和央さんも、全然ブロードウェイ版と劣らないぐらい、
がんばってたんだな~って思ったし、
めちゃ良かったと思う~。
特に米倉さんはロキシーに合ってると思う。

でね。。

カーテンコールの時に、
なんと、RYUと米倉さんが出てきたの~。

来年6月に日本版を再演するそうです~。
びっくり~~。

一般人(?)観劇モードだったのに、
思わずSLAVEスイッチが作動し、
悲鳴を発してしまいました(爆)。

米倉さんはもうすでに、
うずうずしてるみたいで(笑)、
嬉しい~~って気持ちが態度に出てました(笑)。
RYUは米倉さんに比べると若干落ち着いてたけど(笑)。

楽しみだ~~。

それにしてもね。。

今日は、夜に、
タワレコでRYUのインストイベントがある日で、
友達がそっちに行くことになってたので、
こっちのステージにRYUが出てきた時は、
えっ、寄り道??とかって思って(笑)、
もしステージが近かったら、
「河村さん、この後は渋谷タワレコに行くんですよね?
 私、今日のあなたの予定は知ってます。」って、
話しかけちゃいたいぐらい(笑)、
なんだかフレンドリーな気分だった(爆)。

ははは~~。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2009-10-26 00:15 | RYU | Comments(5)

行ってきました~


東京国際フォーラムでの、
河村隆一ライブに行ってきました。
ツアーのファイナル公演でした。

SUGIちゃんと真ちゃんからお花が届いてましたよ。
米倉さんからも。


セットリストは、

ヒロイン
I love you
BEAT
もうすぐ逢えるから
それを愛と呼ぼうか
色彩絶佳
朝顔
根付けの鈴

ギター&ドラムソロ

冷たい雨
Love is... (マイクレス)

夢のカケラ
Glass
柘植の櫛
北へ
誰もかれも騎士
ジュリア
月はもちろん

潮騒 (葉山君のピアノ演奏で)

深愛 (マイクレス)

緑の詩

Brilliant Stars

こんな感じだったかな?


RYUと国フォとは相性めっちゃイイので、
声はのびのび~で、
超ごきげんさんで、
実に気持ちよさそうに歌っておりました(笑)。

前回(CCレモンホール)で、
気になってた「Glass」での裏声部分は、 ←珍しく苦しそうだったんだよね~
今回は裏声ではなく、思いっきり張り上げて歌ってて、
絶好調な感じだったんだけど、
最後に「もう1曲、新曲を歌ってみようと思います」って、
歌い始めた声がかすれてて、
ちょっと「あれ??」って思った。
かすれ声のRYUってあまり聞いたことがないからねぇ。
そこがちょっと、気になりましたね。


やっぱり今回もワタシのツボ曲は、
「冷たい雨」でした。
これホントに良い曲だよ~~~。

私は2階席だったんだけど、
国フォの2階ってホント寒いんですよね。
それを知ってるのでPYROパーカー持参してたんだけど(笑)、
 (外は地獄の暑さだけども/笑)
隣りの方(ご夫妻かな…)は寒い寒いとおっしゃってましたよ。
なのにRYUが途中で、
「暑いねぇ。(スタッフに向かって)クーラーもっと下げて~」とか言い出して(爆)。
隣の方、「ええっ!!!」って言ってた(笑)。
そりゃ、あんたは暑いだろうけども、
こっちは動きがないから寒いんだよぅ~~(笑)。


あと、面白かったのが、
斜め前におばあちゃんが座ってたらしいんですけど、
「Glass」の間奏部分で、
RYUが、♪うぉ~~~~~~~!!♪♪って、
シャウトするとこあるじゃないですか。
おばあちゃんはずっと座席に寄りかかっていたのか、
私の視界には存在しなかったんだけど(笑)、
RYUがうぉおおお~~♪ってものっすごい声量で歌った瞬間に、
がばっ!!!って起き上がったのが、
めちゃツボっちゃって~~~(爆)。
寝てたのか???(笑)

そういう意味でもRYUってすごいなぁと(爆)。

「柘植の櫛」
これは…歌詞がやっぱり何度聞いても怖いですねぇ。
いきなり、
”部屋の灯りを落として 毎晩髪をとかす” …って、
こわいよぅ~~
でも、その後、”ベッドに深く腰掛け” …って。
ベッドかよ~
なんか日本間のイメージなんだけども…。
柘植の櫛だしさぁ。
なんて…歌詞の情景を思い浮かべながら聴くと、
どうもしっくりこなくて…(笑)。


スペシャルゲストとして、
「今回のプロデューサーの…」と、
葉山君が登場。
葉山君のピアノ演奏で、「潮騒」を歌いました。
葉山君のピアノとKENTA君のバイオリンとのコラボも良かったですよ~。


「深愛」を歌う前に、
「久しぶりにバンドバージョンで歌いたいと思います」って言って、
突然、「しんあいっつ!!!!」ってタイトルコールしたんだけど、
 (ろーーじあっつ!!みたいな感じに)
もう、わたし、それがおかしくておかしくて…
バンドバージョンだからって、
タイトルコールまでバンドちっくにしなくても…(笑)


「緑の詩」
これはホントに良い曲ですね。
聴くたびにそう思うなぁ。

ラストの新曲(「Brilliant Stars」)は…
私はあまりピンと来ないんだけど、
CMで流れる曲としては、
ポップな感じで記憶に残りそうな曲なのかなぁ。

MCで印象に残ってるのは、
「緑の詩」の前だったかな。
「こういう、5000人クラスの大きい会場で歌うのは、
やっぱり気持ちが良いですね~」みたいなMCのあとに、
「こんなことなら…」 って言いかけて、その後が続かなかったんだけど(爆)、
何言いかけたんだ???(爆)
終わってから居酒屋でも友人達と、
「一体何を言いかけたんだろうね?」と、盛り上がりましたよ(笑)。

そういえば、
今回オペラグラス忘れちゃったので、
あまり良くは見えなかったんだけど、
シャツの胸元を、そりゃ開けすぎだろう!ってぐらい開けてて(笑)、
一体どうしちゃったんだろう??って思ってたんだけど、
どうやらペンダント(CMの)をつけてたみたいで、
途中のMCでもそう言ってました。
なんか驚かされるよね、RYUって。

まぁ、もうRYUの服装の不具合については、
今更とやかく言っても仕方ないか~って気もするので、
 (辛口ですみません)
歌が素晴らしいからそれで良いかな~と。

事件も起きず、
良いファイナルでホントによかった。

今回のライブは、
じっくりじんわり曲を聴くというより、
なんかいろんなことが楽しかったライブでした。
なので、めちゃ沁みちゃった~(涙)、って曲は特になかったんだけど、
そんなライブがあってもいいんじゃないかな~って、
思います。 ^^

楽しかったです。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2009-08-23 18:12 | RYU | Comments(0)

もうすぐ逢えるから。


アルバム、「Piano」の中に、
「もうすぐ逢えるから」という曲があって、
RYUスレの友人から、
「もしかしたら赤ちゃんできたんじゃないかな~」と聞いて、

そう思って歌詞を読むと、
もう、これは決まりだ!と(笑)。
読めば読むほど、そうとしか思えなくてね。

だから、今朝の報道を知った時、
ああ、やっぱりね~(にやにや)って思ったのでした。

RYU~、男の子誕生、おめでと~。 ^^

おめでたいことだよね~。
なんかね、
RYUのコメントにも、
素直な喜びが現れてて、
とっても嬉しいよ。

CCで、キレずに大人の対応をしたのは、
この影響だったのかな?(笑)。

やっぱりですね、
天井が低いままはよくないんですよ。 ←早速使う河村語録
はっきりさせることが大事です。

私も高い天井で飛びたいよ~~~(絶叫) ←わかる人にしかわからない


以上。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2009-06-22 14:42 | RYU | Comments(2)

やっぱり宇宙人!


昨夜、
CCレモンホールでの 河村隆一ライブ に行って来たんですけど、

またしても事件勃発で(笑)、
私とRYUって相性悪いのかな?(笑)。

ネタバレありますので、
ご注意!

続きを読む。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2009-06-21 13:04 | RYU | Comments(4)

なんか、ちょっと…



一瞬だけおもしろい…

河村なめこ

d0004899_1751214.jpg

[PR]
by gabriel-14-pyro | 2008-11-26 17:23 | RYU | Comments(2)

千秋楽。



「CHICAGO」青山凱旋公演千秋楽に行って来ました。


青山劇場へ行くのは、
内野さんのメタルマクベスを観に行って以来、2回目なのですが、
(「甘い人生」公開の時にびょんほんの舞台挨拶付きプレミア試写会がここであったんだけど、
その日はJさんのライブがあったので、断念した思い出の場所でもある。/笑)
赤坂ACTシアターよりは音響も良く、
段差がついてるのでステージも見やすかったし、
U列だったのでかなーり後方だったので、
肉眼では細かい表情までは見えなかったんだけど、
(オペラグラスでガン見/笑)
ほぼセンターだったので、ステージ全体が見れて良かったです。

2回目に観た時より、全てがさらに迫力を増してました。
和央さんのヴェルマはさらに豪快な姐御風になってたし、
米倉さんのロキシーも相変わらず表情豊かで可愛くて、
RYUのビリーもセリフに強弱がついて弁護しっぽい風格になってたし(笑)、
それぞれ、アドリブもばんばん入ってました。

ビリー登場の場面で、
RYUが階段を上がって出てくる途中で、
いきなりつまづいたので、
「あっ!」って思って、ドキドキしちゃったよ。
何事もなかったかのように堂々と演じてたけど、
痛かったんじゃ?(笑)。

何度見ても、ロキシーとビリーの腹話術の場面は鳥肌もんです。
あんな声を出すRYUを今まで見たことなかったから…。
あの場面の米倉さんも可愛いんだよね~。

あと、昨日すごく良かったと思ったのは、
和央ヴェルマが椅子に座って、ビリーに話して聞かせるところ。
椅子を使ったダンスが、もうホントにすごかったです。
拍手がなかなか鳴り止まなくて、次のセリフにいけなかったぐらい(笑)。

***11/18 訂正&追記***
拍手が鳴り止まなかった箇所を思い違いしてました。
ロキシーに「二人で一緒にやらない?」ってもちかけるシーンでした。
ごめんにょ~。
******************

ラストシーン。
ロキシーとヴェルマが踊るシーンも、
二人それぞれの個性がよく出てて、好きです。
(映画版でもこのシーンが好き。)

最後は、カーテンコールで何回ぐらい出てきたのかなぁ?
もう数え切れないぐらい出て来て、
銀テープは飛ぶし、大量のバラも降ってきて。。
出演者がそのバラを拾って客席に投げまくって、
RYUがね、バラを拾って米倉さんに渡し(笑)、
また拾って、和央さんに渡し(笑)、また米倉さんに渡し…ってしたら、
米倉さんがRYUに、あなたも投げなさいよ~的にバンって背中叩いて(笑)、
RYUがバラにキスして投げたりして~(うは~/笑)。
米倉さんが最後泣きじゃくっちゃって。
和央さんは宝塚だし、RYUも分野は違うけどステージには慣れてるだろうけど、
米倉さんははじめてのミュージカルで、ホントに大変だったと思います。
最後は出演者みんなが「どうもありがとう~!」って叫んでくれて、
拍手喝采の中、幕を閉じました。


米倉さん、和央さん、河村さん(笑)、
ミスターセロファンも、メアリーも、ママも、賢也くんも、
全ての出演者のみなさんも、
楽団のみなさんも、
ほんとうにおつかれさまでした。
素晴らしかったです。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2008-11-17 22:06 | RYU | Comments(2)