こっしのつぶやき。 gabriel14.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

NO PYRO NO LIFE


by kossy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Tourbillon( 6 )


いのうえ劇場



Tourbillon Tour 2006
"A Tide of New Era" 東京厚生年金会館

12/3(日)


1階3列41番
開演前に客席にネズミが出た(らしい)。
(ありえね~)


アゲハ
Saturation
I'm just a Mermaid
Innocence
眠りの森の君
season
雨のリボン
Karna
Don't Hold Your Feeling
Lily
selfish
瞬くように
I know nothing
Lost World
Nameless Greenness

HEAVEN

Breezy Night Journey

your place


この日もまたうっかり良席で…
しかも場所も1日目と似てるし、
コネかと思われるっちゅーねん! ←だれに?
ほんと呪われるから…もういいから… ←だれに?

まずはやっぱり服装ちぇっく!
(服装命)

INOは、
黒っぽい細身ジャケット(左胸に白いエンブレム付き)、
細身ダメージジーンズ in ブーツ 
このブーツがなんだかめちゃめちゃかっこよくて、
食い入るようにブーツばっかりじーーーっとガン見しちゃったよ ←かなり怪しい女
紐をしてないでベロをびろ~んってさせてるみたいにも見えるし、
なんかアクセがチャラチャラぶら下がってる風にも見えるし、、
足だけアップぷり~~ず~~~! ←なぜそこまで固執?

RYUは、1日目とほぼ同じ衣装。
黒っぽいベルベット地のジャケ、
黒パンツ(太ももにジッパーついてる)、
グレーのシャツ(微妙)。
ああ…シャツのボタンもう1コはずしたい…  ←おまえはそればっかりだ
うううううー ←何かに欲求不満らしい

この日は2曲目にSaturationが~。
ま、まだノル準備が整ってないんですけどぉ~~~(あたふた)

というか、後で全通した友人に聞いたら、
ツアーはどこも、この2日目のパターンだったみたいです。
(ただしHEAVENは除く)

眠りの森の君~~
うぉ~
がっ、ここで大失敗。
サビの部分を裏で取るつもりが、
(裏で取ると回りからは浮きます)
つい周りの手扇子につられて表で取ってしまい、
ユカリさんが振り上げる力強い裏拳を見て、軌道修正したのだった。
(後悔)

雨のリボン
開演前にローディさんがウッドベースの準備してたので、
雨のリボンで使うのかな~ってうっすら思ってたんだけど、
当りでした。

そうそう、言い忘れてたけど、
今回のBassは、
media youthに居たHIROKI君というらぶりーな男子でした。
上手にも来てくれて、そのたびに爽やかな笑顔を振りまいてくれました。

そーいえば、2日間共、
RYUとINOが顔をくっつけて1つのマイクで歌う場面をばっちり見てしまった。
INOがまた物凄い笑顔で~(残像が…)

この日のDon't Hold Your Feelingも良かった。
この曲はCDで聴くより、生の方が断然良いかも~。

そしてやっぱりLilyが大好き。

HEAVENのイントロが聴こえた瞬間、
客席から「おぉ~」って声が上がりました。
この曲からtourbillonは始まったんだよね~。
RYUのカウントダウンで初めて聴いた時の衝撃が甦ります。

激しくギターをかきむしる井上様。
RYUを見てて、ふっと上様を見ると、
RYUより派手に激しく歌っとるで、おい。
ライトは当ってないんだけど、
井上劇場絶賛開催中でした。
こーいうところも憎いよね~。

そーいえば、
最後の方で、
茶色っぽい全身タイツを履いてニット帽かぶったマネージャーさん?が
突然カメラマンに混じって、パチパチとINOを激写(笑)。
紙で作ったカメラ持ってました。
ストロボ部分も紙で出来てたよ(笑)。
やること細かいよね~。
INOったら指さして大笑いしてた。


せっかくこんなに良いアルバム出したんだから、
もっとツアーやればいいのになぁ。
勿体ないよぅ(涙)。

ということで、
私のつたない感想を終わります。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2006-12-09 14:58 | Tourbillon | Comments(6)


胃腸炎(風邪ともいう)から復活したので、
ちびちび書き溜めてたメモ書き程度のレポを。

Tourbillon Tour 2006
"A Tide of New Era" 東京厚生年金会館

12/2(土)


1階1列42番

アゲハ
I'm just a Mermaid
Innocence
Lily
Nameless greenness
season
Breezy Night Jurney
Karna
Don't Hold Your Feeling
Satulation
瞬くように
I know nothing
Lost World
selfish

もう一度君に

your place



昭和女子大ふたたび…な最前、いの前。
煩悩がないからか、なんやわからんけど、とぅーるのチケ運のよさが怖い。
その内バチが当たる気がする… ←誰からのバチ?

まずは服装ちぇーっく!

INOは、
黒っぽいジャケット、インナーは顔イラスト(シド?)が入った白Tシャツ、
ところどころ裂け目が入った細身のダメージジーンズ。
(左太ももと右尻ポッケにラインストーンでドクロマーク付き) ←マイブームなんでしょうかね?
この格好がまたにくいほど似合うのよ~。
髪もふわふわっとハネさせた感じで素敵んぐ。

RYUは、
黒っぽいベルベット地のジャケット、
黒パンツ(太ももにジッパーついてる)、
胸元に細かいピンタッグが入ってる白シャツ。
うーーーん、かっこいいが…惜しいっ!って感じなのだ。 
ジャケットをもう少し細身にして、あともう1コシャツのボタンをはずしてほしい。
(いつもいつもRYUの服装に辛口ですみばせん)
はじまん!(しかし) ←なぜか韓国語
この日のRYUの髪型はめーーーっちゃかっこよかった。
首から上のRYUに惚れた~(言いたい放題)。

暗闇の中メンバーが登場して、
INOがギターを持つ。
1曲目は「アゲハ」。
RYUの方を向いて大きく口を開けて、
わん、つ~、すり~、ふぉ~ ってカウント取ったんだけど、
生声が聞こえてきて、暗闇の中でのその横顔と声に萌え死んだ。
あまりの素敵っぷりに顔が緩む自分…(自覚あり) ←たぶん相当こわい図

「Lily」が良かった~
今回のライブで1番楽しみにしてたんだ~。

「Nameless Greenness」も「selfish」も、想像通りの良さ。
前回のツアー時には歌詞もわからずに聞いてたけど、
今回は聞き込んでのツアーだったので、
とっても沁みました。

「Don't Hold Your Feeling」ではRYUがアコギ弾きながら歌ったよ~。
RYUの体のサイズを考えると、
ちょっとギターが大きめだったのがビジュ的に惜しい気がした。
コードを1箇所間違ったらしいけど(本人談)、
そんなん私ごときは全然気づかず。
今 静寂の涯てへ~君を連れていきたいぃい~♪ってところの、
RYUの声の伸びがすごーーくよかった。
あと、
So don't hold~♪のところの、
RYUの歌にかぶるINOのコーラス&歌う顔が激ツボでした。

「Saturation」「瞬くように」はもうジャンプジャンプで楽しかった。
良い汗かいた~。
というか、めちゃ疲れたんですけど…。
こんな状態で1/1を迎えて大丈夫だろうか…?(かなり不安)。

時間的に1時間45分ぐらい?
ちょっと短か過ぎじゃない?って感じでした。
割と最初の方のMCから、
「あっという間に時間が経ってしまって、もうあとちょっと」みたいなことばかり言ってて、
まだ始まったばかりなのに…って思って、それもちょっとイヤだった。

「もう1度君に」を葉山君のピアノだけで歌ったんだけど、
なんかソロっぽくってそれもイヤだった。
(文句ばかりですみません)
「もう1度~」自体は嫌いではないんだけれど、
これをやるなら、
「雨のリボン」の方が聴きたかったなぁ。

MCで面白かったのは、
「僕、実はモノモライができてしまったのですが、うつりたい人~?」ってRYUが言ったら、
うつりたい人は挙手してました(笑)。
密かにINOも挙手していた… (うつりたいんだ…/笑)。
でも、うんちく王・河村先生のお話によると、
ハヤリ目は人にうつるけど、モノモライは人にはうつらないのだそうです。
いのらん、ざんねんでしたっ!(ふふ)。
 
この日は、INOもRYUもよく上手端まで来てくれたんだけど、
前方上手端の通路に車椅子の男の子がいたので、
二人とも彼にロックオンだった模様。
INOも飛び切りの笑顔を何度も何度も彼に捧げてましたよ~。
そんな飛び切りの笑顔が見れて、
わたしも幸せ気分になりました♪

メンバー紹介は一人づつRYUが呼び出す形でやったんだけど、
呼ばれて出てきたINOは、
「シンジラレナイ~」とヒルマン監督のマネで言ったんだけど、
声がでかすぎたのか、カツゼツが悪かったのか、客席にははっきり聴こえなかったみたいで、
会場割と静かめ…しーーーん
あ…ゞ( ̄∇ ̄;)すべっちゃった…
舌を出して袖を見て笑ったりしてました。
かわゆ。
DJ Bassが居たら合いの手入れて貰えたのにねぇ~(笑)

ということで、
2日目のレポに続く。

何か色つけないと地味だけど、
ま、いっか。 ←おい
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2006-12-08 23:49 | Tourbillon | Comments(2)

琴線に触れる声


tourbillon "TOKYO 5 NIGHTS"
ファイナルの中野サンプラザ公演に行ってきました。

2階の、後ろから2番目の席だったのですが、
かなり急な傾斜がついてて(つんのめったら落ちそうな感覚)、
それがかえって見やすくて、
とってもよかったです。
中野サンプラザって音もいいんだねー。

昭和女子大学人見記念講堂(ツアー初日)以来のtourbillonでしたが、
初日より断然RYUの調子が良さそうに感じました。
BassがTOKIEさんではなく、人時さんだったのですが、
やっぱりTOKIEさんのBassの方がとぅーるに合ってる気がしました。
人時さんもいきなりファイナルだけ参加だから、
仕方ないっちゃ仕方ないですよね。

RYUとINOの顔が、ステージ奥のスクリーンに時折映し出される時以外は、
表情まではわからなかったのですが(当たり前です)、
遠目でもRYUが気持ち良さそうなのはわかったよ。
「かげろうの謳」の時にスクリーンに映し出されたRYUの鋭いまなざしと、
INORANの端整な横顔&時折見せる物憂げな表情がたまらなく素敵でした。

この日の自分の目玉は「もう一度君に」。
葉山君の伴奏とRYUの声だけで、
しかもマイクレスで始まった瞬間に、
想定外の涙腺破壊。
涙腺だけならまだしも、鼻水まで放出し(きたねーなー、おい)、
えらいことになってしまいました。
隣りに居た友達が頭をポンポンしてくれたのですが、
それが余計拍車をかけ(爆)止まらない止まらない、ああ困った(爆)。
次の曲が「Hyper na blue」だったのですが、
泣き疲れてぼーーーっとしてた為、半分ぐらいまで新曲だと思ってました(死)。 
↑ほんとにあった怖い話
途中からはっと我に返り拳を振り上げ始めました(笑)。

なんつーか、
自分でもほんとよくわからないのですが、
河村ソロでもとぅーるでもそうなのですが、
(Jさんのライブ以外だったら全部とも言う)
いつもいい感じに力を抜いた状態で参戦できてるのですが、
RYUには不意打ちをくらうことがほんと多いんですよ。
しかも「この曲かよっ!」って曲で泣いてることが多い気がします(笑)。

RYUの声が自分の心の琴線に触れるんだと思います。
どの曲が琴線に触れるのかはその時のお楽しみって感じで、
毎回ほんと参ります(笑)。

ということで、
激しく水分と体力を消耗したライブでした。

d0004899_215927.jpg終わってからの仲間達と飲みに行く途中で発見。
あんなに泣いてたくせに、
急に潤に引き戻されました…(簡単)。
はいはい、わかったよ、わかりましたよ~(爆)。
早々と一緒に秒読み始めればいいんでしょー?(爆)

でも、潤ちゃん、その前にビョンホンに行かせて~(爆)
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2006-04-29 02:12 | Tourbillon | Comments(0)

瞬殺王子物語


昭和女子大学人見記念講堂でのTourbillonライブに行って来ました。
(ネタバレになるようなことは書いてないので安心してください。) ←書けないとも言う(笑)

井上様ドまん前最前だったのですが、井上様レポは書けない私をお許しください。
(ここ最近、一生分のチケ運使い果たしてるのでなんかバチ当りそうで怖いっす…)
井上様レポだけではなく、レポらしいレポが一切書けない私もお許しください。

ステージがパッと明るくなったら、そこにはRYUとINOがすぐ前に立ってて、
その時の気持ちはもうなんと言ったらいいのか…
もうひたすら心臓ばくばくしちゃって、

なんてカッコイイのぉおおお~~!

(絶叫)

って感じでした。
(あまりに浅い感想)

私の前にはちょうどカメラが居たんだけど、
マイクスタンド握った瞬間にRYUがカメラの方を キッ って睨んだの。

その目がぁああ~(≧◇≦)~その目に瞬殺されたぁあああ~~

この日のRYUは、
髪型よし!ベルト位置よし!(←私のこだわりポイント/笑)のもう素晴らしいビジュアルだったので、
目の前にはINOが居るのに、RYUに視線ロックオンしちゃって98%はRYUを見てました。
だってりゅうが~りゅうが~(しくしく) ←怪しい
井上様もそりゃあそりゃあ素敵だったんだよぅ~(><)
どっちかしか見れない状況が本当に辛かったです(血涙)

98%RYUをみてたのにもかかわらず、やっぱり執着はあったらしく(笑)、
ライブ直後は目がロンパリ状態で、
友達にも「焦点合ってないよ」と突っ込まれました(爆)。
なんともいえない緊張感の中であっという間にライブは終わってしまいました(死)。
わけがわからんとです…。

いろいろ萌えツボがあったのですが、

思い出そうとすると RYU睨み に全部かき消されてしまいます。

お許しください(ダメ女)。

そんな状態で、明日はJさんの名古屋ファイナルを迎えます。
きっと簡単に元の(?)私に戻ってしまうことでしょう。
(ひどい、そして、もったいない)
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2006-04-15 17:39 | Tourbillon | Comments(0)

チネチッタ川崎で行われた 「ブラック・ジャック 二人の黒い医者」 の舞台挨拶に行ってきました。
なぜお前が…とお思いでしょうが、
行けなくなってしまった某Rスレのピンチヒッターでございました(かむさはむにだ)。

びょんの「甘い人生」舞台挨拶以来行くチネチッタ。
しかもシアターもその時と同じ、チネ12。
4月の出来事をしみじみ思い出しました。

映画上映は11:40からでした。
途中「そんなばなな~( ̄ロ ̄;)!!」な場面もあったけど(笑)、
すんごく面白かった。
シュールなんだけど、ほんわかする場面もあって、
トゥールの曲の挿入タイミングもべりべりぐっど!
RYUICHIの歌声にぐっと来ちゃいました。
ぜひたくさんの人に観て欲しい~!

上映後の舞台挨拶には、まずブラックジャック先生とピノコが登場。
ピノコは4頭身半(爆)。BJ先生と比べてもありえないくらい頭がでかい(笑)。
続いて、BJ役の声優・大塚明夫さん、ピノコ役の声優・水谷優子さん、
みどり役の平山あやちゃん、手塚真監督が登場してそれぞれコメント。

その後、司会者(日テレの西尾由佳理アナ)がtourbillonを紹介して、
3人が登場!
「ブラック・ジャック 二人の黒い医者」 のNEWSに写真がアップされてます。
(小さいけど…しく)

下手からRYU、INO、葉山っちの順に登場。
(ちなみに、BJ先生とピノコは客席の普通の入口から登場。ピノコの頭がでかすぎた模様/爆)

会場からは熱狂的RYUスレ男子から掛け声が掛かったり、「りゅう~」「いの~」の声が掛かってたけど、
みなさま節度ある掛け方でとってもマナーがよかったです。
(とぅーるとびょんじゃ全然違うけど、サマンサでの事があったからさーなんかほっとしたよー)
RYUは声に応えて手を振ったりしてましたよ(ほんとマメですよね)。

ここでお詫びを…。
ここから先は、INOに釘付けでRYUと葉山っちをほとんど見てませんでしたっ!(みあねよ~)

いのうえ様は…
両膝が少し破けてるジーンズにウォレットチェーン、胸元が割と深く開いた黒のインナーに、ボア襟付きの黒革のライダースジャケット、
そして…引きずるぐらい長い黒のロングマフラーをぐるぐるっと一巻きして両方の端は背中に垂らしてました。
これがまた似合うの…(涙)。
にくたらしいぐらい決まってるの…(涙)。
でもって、マフラーの隙間から胸元がチラっと見えたりして、やばい~かっこよすぎ~!

INO、葉山っち、RYUの順にコメント。
INOのビジュアルで真っ白状態だったので、INOが何言ったのか覚えてません!すみません!
(役立たず)
RYUが一番長かった。
tourbillonの宣伝もしつつも、ちゃんと手塚治虫作品についても上手く絡めて、
この作品に参加できて嬉しかったです…みたいなコメントで締めくくりました。
(RYUに対しては妙に落ち着いてる自分/笑)

ここで出演者はみんな一旦引き上げて、マスコミ向けの撮影準備。
再度登場した出演者はみんなそれぞれ花束を抱えてました。
そして、客席も入れた撮影タイム。客席も「手を振ってください~」と要求され、
結構長い間手を振り続けました。

最後に出演者全員が客席を向いて、持ってる花束を目の前のファンに手渡し…うっそ~?!
葉山っちは手渡し、RYUは目の前に?軽く投げ(友人目撃談)、INOは…INOは…
目の前に渡そうかどうしようか少し迷ってる風でしたが…
なんとっ!!目の前には投げずに(ワル本領発揮)上手前方にふんわり投げました~!
INOが物を投げるなんてー!
ありえない行動に脈拍レッド飛び越え状態。

投げられた地帯では、特に激しい争奪戦も起きず、1人がきれいにキャッチ。
幸運なその方は一体「誰スレ」だったのでしょうか?
(客席には大塚スレさんjも居ましたので…)
とっても気になります。

そして、下手に去って行く出演者たち。
ここでも「RYU~」「INO~」「大塚さ~ん ←大塚スレさんから」と、声が掛かりました。
「INO~」と声が掛かったら、
INOがそっちを向いてうんうんと軽く頷いてほんのり笑ったんですよ!!!!
(メラるメラればメラるときメラよ)
RYUも笑顔で手を振って、爽やかに去っていきました。


そう言えば、
INOはずっと笑わなかったのに、
(きりりとクールでございました)
会場で泣いてる子供が居て(トイレに行きたかったみたい)、
大塚さんが「早くトイレに連れてってあげて~」って言ったら、
客席からちょっと笑いが起きて、硬かった空気が和んで、
INOも笑ったの~(><)
大塚さん、ぐっじょぶ~♪かむさはむにだ♪

おしまい。

舞台挨拶後にロビーにて撮影タイム。
(もちろん、BJ先生とピノコだけです)
d0004899_314269.jpg
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2005-12-18 03:01 | Tourbillon | Comments(0)

お初です。


サッカー(日本×ホンジュラス戦)を観てたら、
とつぜんRYUの声が~!
HEAVEN のプロマーシャルでした~ ((+_+))


d0004899_2205987.gifHEAVEN と言っても、
このひとの "じゃすらいへぶん~~んあっ。"
ではありませんから!
tourbillon です。
(わかっとるっちゅ~ねん)

tourbillon のサイトでは、4社分のプロマーシャルが見れますけど、
テレビで見たのは初めてだったので嬉しかったです。
スズキ自動車バージョンでした。


監督は丹さんだけあって、どことなく雰囲気がgravityっぽい感じ。
なんか、こーいうRYUとINORANを久々に見たって感じがしました。

3人の顔が影になってるから、ぱっと見ただけじゃ誰が誰だかわからないのがミソかも。
謎っぽくていいじゃん。

うちの父をちら見したら全然ふつ~に見てましたが、
声を聞いてハッとしたらしく、
「あれ?この声は河村君じゃないかっ?」とか言ってましたよ~(笑)。
よくぞおわかりで(笑)。
そう思う人は多いはず。
翼を~♪って歌の部分も耳に残るし。

テレ朝だけじゃなくて、他局でももっとぎゃんぎゃん流せばいいのにねー。
でもタイアップの意味ないか…。
試みとしてはおもしろいと思われます。

シングルにC/W、2曲ともいいよね。
切ない感じがいい。
[PR]
by gabriel-14-pyro | 2005-09-07 22:12 | Tourbillon | Comments(4)